Investment Money

デイトレードに挑戦はどうなの?

Mi.
トレーダーを目指したいッ!デイトレードってかっこいいじゃん!
Mi.
オレは一匹狼で生きていくんだ!
いいじゃん、いいじゃん、やってみなよ!
いぬさん

投資を始めた人なら一度は思うでしょう。

トレーダーとして生計を立てていきたい。

最近はメディアやYoutubeでテスタさんや高橋ダンさん、Zeppyの井村さんなど、

投資家として成功して資産家となった人が度々紹介されます。

お金持ちで、スマートで、かっこいいと思います。正直。

彼らの投資手法は私が薦めている長期投資では短期投資です。

これは9割以上の人が勝ち残れないと言われている手法です。

成功者は華々しく取り上げられますが、その裏で大失敗している人の数が圧倒的に多いです。

しかし、日本が格差社会と言われて、もはや普通と言われる生活が夢物語になりつつある現代です。

成功者になろうと思ったら上位数%に入らないといけないのが現実です。

そう考えるとトレーダーとして成功するのもビジネスで成功するのも確率は同じかもしれません。

成功者は必ず血の滲む努力している

デイトレーダーはスマートにサラッと格好良く稼いでいるイメージがあるようです。

言い換えると「楽して儲かっている」と思われるようです。

しかし、現実にトレーダーとして成功している方は勉強や分析など、本当に血の滲む努力をしています。

チャートと毎日向き合い、常に需給を考慮し、情報収集に明け暮れています。

決して、チャチャッとキーボードを叩いて楽して稼いでいる訳ではありません。

これは副業にも言えるのですが、

お金を稼ぐことに成功している人は本気で向き合っています。

副業でも勉強や行動もせずに儲かっている人はいません。

デイトレードにチャレンジする人はチャートの分析手法や板の読み方、企業分析など、常に学ぶ姿勢を大切にする必要があります。

プロでも市場平均に勝てない

投資には市場に連動させるインデックス投資とファンドマネージャーが投資先を選定するアクティブ投資があります。

インデックス投資は日本株であれば日経平均やTOPIX、米国株指数であればS&P500などの市場に連動させる投資手法であり企業分析して投資先を選定するということはせず機械的に投資をします。

一方、アクティブ投資はファンドマネージャーと呼ばれるプロの投資家がチャート分析、企業分析、自身の経験などから投資先を選定する手法です。

過去の結果ではインデックス投資の方がアクティブ投資よりもより良い成績を収めていることが多いです。

つまり、プロであっても未来を読むことは不可能であり、株式投資の世界は予測不可能な未来に賭けるということです。

素人が勉強もせずに挑むのは上がるか下がるかの丁半博打やルーレットの赤黒に賭けて勝ち続けることと同じです。

興味があるならぜひチャレンジすべきである

長々と短期投資の難しさと述べてきましたが、

私はデイトレードや短期トレードに興味があるならぜひチャレンジするべきだと思っています。

なぜなら、チャレンジしないと後悔が残るし、成功の可能性がゼロになるからです。

ただし、必ず少額からスタートするべきです。

短期トレードは、ほぼ100%初めのうちは負ける(マイナスになる)からです。

ここで高額を注ぎ込むと二度と市場に戻れない可能性があります(泣)

多少の負けは覚悟して、挑戦してみるなら有りだと思います。

興味を持ったらなら、やらないといつまでもモヤモヤしますから。

何事もチャレンジして失敗や成功を経て学び成長していくものと思います。

投資において無傷で成功し続ける人はいません!

興味を持ったことはぜひチャレンジしてみてください。


-Investment, Money

Copyright© 未来をカタチにするブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.